日本の教育では、中学から英語教育がありますが実際に話すことができる人はどれだけいるのでしょうか。

とはいえ、外国語の勉強をして留学を希望する人はいます。日本国内で勉強するよりも留学をしたほうがかなりの成果があるのは当然です。



なぜならば、朝起きてから寝るまで周りはすべて外国語なのですから日本語に逃げる暇がありません。


期間なども様々あります。



本格的に外国の大学に行き卒業するのが一番ですが費用も時間も要します。

短期留学やワーキングホリデイという方法もあります。


短期留学とはその名の通り短い期間のものであり専門学校のようなところに通って勉強するものです。

ワーキングホリデーは、実際にその国で働きながらが語学を学ぶというものです。

語学そのものを学ぶ目的で行くのもよいのですが自分の興味のある分野を学ぶために海外に行き、その国の言葉が必要であるため自然と話せるようになるという道は語学習得の早道になるということも言えます。

ただし、気を付けたいのはせっかく海外に勉強の場を持てたのに引っ込み思案になってしまったり、合わなかったりする人もいるようですので、行く前に自分の目的にあわせたカリキュラムがあり治安が良く、さらには自分にあった国を選ぶことが大切です。

教えて!gooについて真剣に考えてみました。

英語でいうとイギリス、アメリカ、カナダ、オーストラリアとあげられますが発音に違いがあります。そんな点にも気をつけたうえで留学先をじっくり検討して成果のあるものにしましょう。

Copyright (C) 2016 留学で視野を広げよう All Rights Reserved.