留学には複数のパターンがあって、語学留学と研究留学の大きく2つに分かれます。


語学留学は、英語を習得するために数ヶ月から1年などの期間、現地の語学スクールに通います。
世界各国から英語を学びたい生徒たちが集まって、一緒に勉強します。



高校生、大学生、社会人など様々なバックグラウンドの人たちが集まります。



中国やベトナム、韓国や台湾など馴染みのアジアの方々や、ヨーロッパの人、南米の人、アフリカの人などクラスメイトのバリエーションはワールドワイドです。

日本の大学生の場合、日本の大学に籍を置いて一年休学して海外の大学へやってくるパターンがあります。
他にも、日本の大学へは行かずに海外の大学に4年間進学する人もいます。


こういう学生は、大学の授業が本格的に始まる前に、授業を十分に受けられるレベルまで英語力を引き上げるために語学スクールに通います。大学の授業が始まってからも語学スクールに通うことは可能です。研究留学は、語学習得が目的というより、専門分野に特化した研究を行うために海外へ来るパターンです。


国や大学から資金を受けて、海外で生活しながら研究します。
コンピューターや医療、MBAなどの専門分野は日本よりも海外の方が最先端の研究をしている傾向があり、それらの勉強をするために日本からやってきます。

大学生や大学院生、社会人が多いです。

Girls Channel情報をピックアップしたサイトです。

海外で業績を上げ、専門資格を取った後は、日本に戻って専門職として働いたり、海外でビザを取得しそのまま生活する人もいます。


Copyright (C) 2016 あなたはどのパターンで行く留学の種類 All Rights Reserved.